×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

インド紀行(1)

 
 

 宗教文化を訪ねる旅は、インドー天竺へ出かけることとなった。写真は英国統治時代の都ムンバイのインド門である。昨年暮れ(2008年11月27日)にイスラム教武装グループによるテロがこの門の手前にあるタージ・マハルホテルであった。

今は穏やかに時を過ごし、何も無かったように建っている。

 8月の現地はモンスーン気候のため雨が多く肌寒い。

  ビクトリア調の建物群が植民地の栄華を偲ばせる。

   最近はサンセットロード沿いに高層ビルが建ち並ぶ。

 インドは映画のメッカ、ムンバイはアジアのハリウッドである。また一方、ハンギングガーデン近くには、たくさんの不具の物乞いが車を止める。富と貧者の街だ。

 今やインド最大の都市である。

マハトマ・ガンジーは

南アフリカから帰国

後約15年間弁護士

の傍ら、政治活動の

拠点としていたと

ころである。

 彼は無抵抗主義と

いわれるが、権力に

対して数々の抵抗運

動を起こしている。

 インド国民解放の

ため、非暴力主義で

あったのである。



Cool & Lucks Takasago


 

アジア回廊の西の聖地ー天竺へ  -Mumbai in India

Cool & Lucks Takasago

メールを送信
   高砂神社公式ページhttp://takasagojinja.takara-bune.net/

   編集者にメッセージ送付